アコースティックギターのギタリスト

アコースティックギターのギタリスト

ギタリストというのは、ギターを奏でる奏者のことですが、日本にも世界に通用する素晴らしいギタリストはたくさんいます。
ギタリストの中でもアコースティックギターの奏者をアコースティックギタリスト(アコギスト)と呼びます。
ギターを習得する上で、こういったプロの人たちの演奏を聴き、見ることはとても大切です。
以下は有名なアコースティックギタリスト(アコギスト)たちを一部挙げました。
アルバムもたくさん出ています。
まだ聴いたことがない・・・という方は一度、試聴してみてください。

 

日本出身
→吉川忠英、押尾コータロー、福田進一、山下和仁、木村大、アントニオ古賀、木村好夫、岡崎倫典、中川イサト、内田勘太郎、宮野弘紀、小松原俊、坂崎幸之助
米国出身
→レオ・コッケ、アール・クルー、マイケル・ヘッジス、クラレンス・ホワイト
スペイン出身
→ナルシソ・イエペス、ビセンテ・アミーゴ
オーストラリア出身
→ジョン・ウィリアムス、パコ・デ・ルシア
イギリス出身
→トニー・ライス、イアット・ライス
南アフリカ出身
→ジョナサン・バトラー

 

この他にも、素晴らしいテクニックを持ったアコースティックギターのギタリスト達は数多く存在します。
個人的にですが、レオ・コッケの12弦ギターの演奏は素晴らしく、演奏に釘付けになりました。
アコースティックギターを上手く弾きたいなら、好きなギタリストを見つけて、その技術を見て聴いてコピーして吸収しましょう。
それが一番、ギターが早く上達するコツだと思います。