アコースティックギターのメンテナンスはどうやる?

アコースティックギターのメンテナンスはどうやる?

アコースティックギターのメンテナンスについてご紹介します。
まず、どんな楽器でも当たり前ですが、埃をかぶらないようにしましょう。
楽器専用のクロスなどで弦やボディーを軽く拭きます。
強く拭くのは艶を失う可能性があるので、やめましょうね。
汚れがこびりついてしまったら、水拭きします。
この時も強くはこすらないようにしましょう。
次に保管する時の弦についてですが、高校の音楽の授業で「保管するときは弦を緩めましょう」と私は習ったのですが、実際は必ずしも緩めなくてはいけないと言うわけではないようです。
保管する環境によって緩めた方がいい場合もあり、緩めなくてもいい場合もあるので、ギターを保管する環境に合わせるようにしてください。
但し長期間使用しない場合は全ての弦を少し緩めてから保管するようにしましょう。
しまいっぱなしにするのではなく、時々は出して状態を確認する必要があります。
保管場所については、高温多湿はギターにとっても大敵です。
湿度計や温度計を取り付けて、保管環境を整えるように配慮すれば、ギターも長持ちします。
特に夏場・冬場はエアコンなどの温度湿度の変化にも気を付ける必要があります。
後はネックの反りをチェック、弦の交換、フィンガーボードの清掃などのメンテナンスを定期的にやっていきます。
ボディーのひび割れなども確認します。
自分では難しく対応が出来ない場合は楽器店に持って行くようにしましょう。

可能なことは出来るだけ自分でやれるようになりたいですね。

関連ページ

アコギのチューニングのやり方のコツって?
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。
アコースティックギターのチューニング法とは?
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。
アコギの弦の張り方のコツって?
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。