アコギの弦の張り方のコツって?

アコギの弦の張り方のコツって?

友人や先輩の影響でアコギを始める人も少なくないでしょう。
そんな方達は友人や先輩からある程度の技術を学んだり、弦の張替えなども最初はやって貰う人もいると思います。
しかし、アコギを続けていく上で、弦の張替えは必須です。
自分で出来るようにならないと困ってしまいますね。
弦の張替え自体はそれほど難しいものではなく、誰でも出来るのですが、実は弦の張替えでケガをする人が大変多いので気を付けなければなりません。
弦の張替えでは、交換の途中で弦が切れたり、弦が指や顔に刺さったり、引き抜いたときに思いがけない方向に弦が跳ね返り、その反動で切り傷ができてしまったりします。
指や腕の切り傷・刺し傷程度ならいいですが、目を傷つけたりしたら大変ですから、特に弦がスチール製のフォークギターの場合には慎重に行わなければなりません。
そのコツとしては、以下のとおりです。

 

・これでもかってくらいに、事前に弦を緩める。

 

・ブリッジピンを抜く道具を準備し、手ではなく道具でピンを抜く。

 

・弦を引き抜く際には、タオルなどの布をあてがった状態で引きぬく。

 

・抜き終わった後は、怪我をしないようにすぐに古い弦を片付ける。

 

・ナットの溝に専用のグリスを塗り、弦が切れにくくする。

 

・ペグは必ず反時計回りで締める。

 

・弦を張り終えたら、根元から5mm位の余裕を持って弦をカットし、抜けないようにする。

 

・弦を締めていくときに、ブリッジピンが抜けないように気をつけながら締める。

関連ページ

アコースティックギターのメンテナンスはどうやる?
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。
アコギのチューニングのやり方のコツって?
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。
アコースティックギターのチューニング法とは?
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。