アコギのコードの読み方のポイントって?

アコギのコードの読み方のポイントって?

アコギのコードとは、音程の異なる3つ以上の音のことで、いわゆる和音のことです。
コードは、音の組み合わせによって印象がガラリと変わるのが特徴で、曲にメリハリが出て豊かな演奏が可能となります。
アコギの楽譜を見ると、アルファベットが書かれていますね。
それがコードの名前なのです。
コードにはそれぞれの音の重ね方の決まりにより、コードネームがつけられており、CとなっていればCコード、GとなっていればGコードという意味です。
よく出てくるコードネームは覚えておくといいでしょう。
また、コードのもっとも基本的な3つの構成音で成り立つコードを「トライアド(三和音)」と言います。
トライアドは、もとになる音をルート(根音)といい、それに3rd(第三音)と5th(第五音)を重ねて構成されるのです。
ギターのコードは、その構造上、基本の形を覚え、それをずらしていけばほとんどのコードが押さえられるようになります。
まずは、根音がドのCコードから覚えると覚えやすいです。
その上に、3度ずつ音を重ねていけばいいわけで、Cの3度上はE、その2度上はGです。
これらC、E、Gを一緒に引くとCコードになります。
CとEの間が、長3度(メジャーサード)であればCのコードで、短3度(マイナーサード)であればCmのコードです。
たとえば、「Cm7−5」だとすれば、ルートがCで短3度と減5度、短7度の音を持つコードということになります。
最初は難しいかもしれませんが、慣れてくると読めるようになるので、頑張って練習してください。

関連ページ

アコギの入門書ってどんなのがいい?
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。
アコギの練習方法って?
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。
アコースティックギターのコードストロークとは?
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。
アコギのタブ譜って何?
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。
アコースティックギター講座の選び方
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。
アコースティックギターのコードの種類
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。
アコギ初心者はどうやってコードを覚える?
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。
(アコギ上達)最初はコピーから入った方がいい?
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。
アコースティックギターのイメージトレーニング
アコースティックギターはエレキギターなどと違い機材が必要にならないため始めやすい楽器の一つです。この機会に本格的にアコースティックギターを始めてみませんか?ここでは練習方法やメンテナンス方法などを紹介しています。